鉄斎像

近代日本画の巨匠・富岡鉄斎は石上神宮の少宮司や大鳥神社の大宮司を任めた
後、明治21年から明治26年まで
車折神社(くるまざきじんじゃ)の宮司を任めた。
そのため当神社には鉄斎の作品が多数(約百余点)伝わり、それらを財団法人
車軒文庫が管理している。
また、境内には鉄斎の筆によるものとして
裏参道入口の社号標本殿の扁額
表参道脇の車折神社碑があり、さらに鉄斎が生前に用いた筆を2000本以上
納めた
筆塚も存在する。
    



* 戻る(画面を閉じる) *




《当神社の詳細・交通案内等は》
【車折神社】