溪仙桜のご案内〕

中門の前から東に向う参道を進むと溪仙桜(けいせんざくら)に辿り着きます。
溪仙桜は画家・冨田溪仙
(とみた けいせん)が当社に奉納したものです。
冨田溪仙は
富岡鉄斎(当社の元宮司で近代日本画の巨匠)の日本美術院の同人で鉄斎に私淑しました



溪仙桜の見頃は3月下旬頃です。
(但し、気候・天候等により左右されますので詳細な咲き具合はお問合せ下さい。)

【写真をクリックすると拡大写真を表示】
溪仙桜の前から見た中門前から続く参道の風景です。  
溪仙桜の前から見た裏参道まで続く参道の風景です。
参道を進むと、本殿入口や社務所(お守りやご祈祷の受付)があります。
 



 境内案内トップへ